美肌作り

HOME» 美肌作り »皮膚の構造

美肌作り

皮膚の構造

『皮膚の構造』 

皮膚は、からだ全体の表面を覆って、外部からのさまざまな刺激や衝撃から内部器官を守ります。
また独自の生理機能を備えており、からだの全体の調和にも大きく関わっています。

○ 皮膚は3つの層から出来ています  
表面から
1 表皮 
2 真皮 
3 皮下組織となります。

皮膚の構造
表皮 外からの刺激から皮膚そのものを守ります。
真皮 毛細血管・末端神経・汗腺・皮脂腺・など多くの機能が集まった皮膚本体。 肌の張りや弾力の源です。
皮下組織 多くの脂肪を含む組織で、皮下脂肪組織とも呼ばれています。

○ 外見的に分かる皮膚の衰え  
潤いや、滑らかさの変化は皮脂腺や汗腺の機能低下、角質の水分保持能力の低下によって起こり、張りや弾力、血色の変化は皮膚内部の老化によるものです。

○ きれいな肌=正常な皮膚とは
1.角質層が形成され皮脂がそれをおおっている 
2.細胞間脂質(セラミド)が正常につくられている
3.NMF(天然保湿因子)が存在する  
この3つが正常に機能していることがきれいな肌の条件です。
このいずれか1つでも異常をきたすと、 にきび、しみ、くすみ、肌荒れ、赤ら顔などの 肌トラブルがおきます。

 

『皮膚の働き』
1.紫外線・ウイルス・バクテリア・カビなどから体を守る
2.紫外線を無害化する
3.体液の蒸発を防ぐ

皮膚が正常に機能していれば、 にきび・しみ・肌荒れ・くすみ・アトピーなどの 肌トラブルにはなりません。 逆に何らかの肌トラブルがあるということは 肌が正常ではないということです。

『表皮の構造』
表皮は、表面から
1 角質層 
2 顆粒層 
3 有棘層 
4 基底層
の4層で成り立っており新陳代謝によって、常に新旧の細胞が交代しているところです。(手のひらや足の裏には角質層の下に透明層があります。)

○肌のターンオーバー  
表皮の細胞は常に基底層から生まれ有棘層 顆粒層 角質層へと変化しながら移動し古くなった角質層はフケやアカになって自然にはがれ落ちます。この期間は約1ヶ月。つまり平均28日周期で生まれ変わっているということです。  この新陳代謝(肌のターンオーバー)のおかげで、皮膚は常に新鮮さと機能を保つことができるのです。つまり新陳代謝は美しい肌の条件の1つということです。

○ ターンオーバーの乱れ
肌の若さを保つ新陳代謝(肌のターンオーバー)も年齢を重ねるにつれて、その周期に乱れが見られるようになります。

10代・・・約20日
20代・・・・・・約28日
30代 ・・・・・・・・・・約40日
40代 ・・・・・・・・・・・・・約55日
50代 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約75日
60代 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約100日
 

2013/07/27